付帯工事と建設業許可

 
 
ゆい行政書士事務所のロゴ
  
お電話でのご相談は
077-599-3091 

受付時間:平日 9:00~19:00

メールでのご相談は 
ゆい行政書士事務所のロゴ
  
お電話でのご相談は
077-599-3091 

受付時間:平日 9:00~19:00

メールでのご相談は 

付帯工事と建設業許可

 
ホーム > 建設業許可申請 > 付帯工事と建設業許可

付帯工事とは

付帯工事にも許可が必要?

足場が設置されている建築中の家屋の建設現場

 
 建設工事を請け負う場合には、軽微な工事である場合を除き原則として建設業の許可を受けなければなりません。そして 軽微な建設工事を除いて、許可を受けた業種以外の建設工事については、注文を受けて請負契約を結ぶことはできません。
 しかし、建設工事はその性質上、様々な工事が複雑に組み合わさっていることが多く、ひとつの建設工事を行うためには他の建設工事が必要になることがほとんどです。
 そこで、建設業許可を受けた工事以外であっても、付帯工事であれば許可がなくても例外的に請け負うことができるとされています。
 
付帯工事

・主たる建設工事を施工するために必要が生じた他の従たる建設工事
・主たる建設工事の施工により非梅雨が生じた他の従たる建設工事

 
主たる工事の目的を果たすために発生する工事の目的を果たすために行われる工事が付帯工事です。

付帯工事と認められるためには

  • 主たる工事に付随して行われる一連・一体の工事であること。
  • 注文者の利便や工事の慣行等の観点から一連・一体の施工が必要とされる工事であること。
  • 原則として主たる建設工事の工事価格を下回る工事であること。

 
附帯工事と認められるのは、建設工事の注文者の利便性や、建設工事の請負契約の慣行等を基準として、建設工事の準備、実施、仕上げ等に当たり一連又は一体の工事として施工することが必要又は相当である場合です。

付帯工事に該当するケース1

主たる建設工事を施工する結果として必要となるケース。

 
許可業種の建設工事と付帯工事の関連性1

 

具体例として、次のような建設工事が挙げられます。
 

  1. 屋根や壁の改修工事に伴う塗装工事など。
     一番の目的は屋根や壁面の改修ですが、塗装工事も屋根の保護等のために必要不可欠な附帯工事となります。屋根工事の許可を受けていれば、塗装工事の許可がなくても受注できます。 
  2. エアコン設置工事(管工事・電気工事)と一緒に行われるエアコン設備の熱絶縁工事。
     工事の一番の目的は建物のエアコン設置ですが、エアコンの熱絶縁はエアコンの冷暖房機能が十分に発揮できるようにするために必要となる工事です。熱絶縁工事許可がなくても、管工事業や電気工事業の許可業者はこれを請け負うことができます。

付帯工事に該当するケース2

 主たる建設工事を施工するために必要となるケース。

 
許可業種の建設工事と付帯工事の関連性2

 

具体例として、次のような建設工事が挙げられます。
 

  1. 配線改修の電気工事を施工するために必要となる内装仕上工事。
     工事の主たる目的は電気配線の改修ですが、それを行うために配線が通っている壁や床を剥がしたり直す場合には内装仕上工事を伴います。
     この場合の内装仕上げ工事は、電気工事の許可だけで受注可能となります。
  2. エアコンなど冷暖房設備の設置工事(管工事)をするために必要となる電気工事。
  3. 壁の塗装工事を行うために必要となる足場組立工事(とび工事)。

 
 いずれも工事の主たる目的を果たすための手段として、附帯工事が必要となるもので一括して請負うことが可能なケースです。

付帯工事を行う上での注意事項
附帯工事に該当しても、自ら施工する場合には現場に付帯工事の専門技術者を置かなければなりません。
 
専門技術者とは
 一般建設業許可の要件である専任技術者の要件を満たす者を指します。
 たとえば、塗装工事が附帯工事となる場合では、1級建築施工管理技士や2級建築施工管理技士(仕上げ)等の資格者や10年以上の実務経験を積んだ者となります。
 ただし、必ずしも他の技術者を用意する必要はなく、要件を満たすならば主たる工事の主任技術者や監理技術者が兼任することも可能です。

当事務所からのおしらせ

はじめての方へのページへリンクはじめての方へのページへリンク
 

 実際にご相談いただくことで解決できた事例もたくさんあります。まずはお気軽にお問い合わせください。

pxt00003287310903.jpg pxt00003811314602jpg.jpg pxt00003976614203.jpg pxt00004012376102.jpg pxt00001477846301.jpg pxt00001317514801.jpg pxt00002858568801.jpg pxt00003668423501.jpg pxt00004031548601.jpg pxt00003175512101.jpg

経審Q&Aへのリンク
建設業許可申請マニュアル
図面を見る建設業者の男女のイラスト

 
建設業法では、建設業の許可制度・建設工事の請負契約・施工技術の確保など建設業の幅広い定めが設けられています。
 
詳しくはこちら
小規模な建設現場の足場の風景

 
比較的小さな規模の建設工事(軽微な建設工事)については、建設業許可を受けなくても請け負うことができるとされています。
 
詳しくはこちら
遠くを見つめる建設業者の男女

 
建設業の許可は、営業所の所在地や建設業の業種ごとの規模等によって「大臣・知事」「一般・特定」に区分されています。
 
詳しくはこちら
重機がある建設現場の風景

 
建設業の許可を申請する際には、請け負う工事内容を確認し、必要な建設業の種類について判断するしなければなりません。
 
詳しくはこちら
建設現場でヘルメットをかぶって立つ建設業者

 
建設業の許可を受けるためには、4 つの「許可要件」を備えていることと、「欠格要件」に該当しないことが要件とされます。
 
詳しくはこちら
ヘルメットを片手に笑顔の建設現場の責任者

 
法人の場合は役員のうち一人が、個人の場合は本人か支配人のうち一人が、経営業務について一定の経験を有することが必要です。
 
詳しくはこちら
工事の図面をみる建設業の技術者

 
許可を受けようとする建設業に係る建設工事に関し、法で定めるいずれかの要件に該当する者がいることが必要です。
 
詳しくはこちら
書類を抱えてたたずむ建設会社の女性

 
請負契約に関して「不正」又は「不誠実」な行為をするおそれが明らかでないことを誠実性の要件と呼んでいます。
 
詳しくはこちら
電卓とカラフルな木の置物

 
建設工事を行おうとすれば、かなりの資金が必要となります。そのため、ある程度の資金を有することが要件となります。
 
詳しくはこちら
ガッツポーズをする4人の建設業者

 
一般建設業・特定建設業に共通して、許可を受けようとする者が建設業法で定める欠格要件に該当しないことが必要です。
 
詳しくはこちら