発注者証明書とは

 
 
ゆい行政書士事務所のロゴ
  
お電話でのご相談は
077-599-3091 

受付時間:平日 9:00~19:00

メールでのご相談は 
ゆい行政書士事務所のロゴ
  
お電話でのご相談は
077-599-3091 

受付時間:平日 9:00~19:00

メールでのご相談は 

発注者証明書とは

 
ホーム > 建設業許可申請 > 発注者証明書とは

発注者証明書の書き方

契約書等がない場合の救済策

 建設業許可申請において、経営業務の管理責任者や専任技術者の要件を満たすことを証明する書類として「契約書等」が必要になります。
 この契約書等とは、工事請負契約書や、発注者からの注文書・発注書のことを指します。しかし、事情により契約書等が手元になく、書類を揃えることが難しい場合があります。
 このような場合であっても、発注者の証明を受けることで、過去の工事が確かに行われたことを明らかにすることができます。そのための書類が「発注者証明書」と呼ばれるものです。
 
 発注者証明書はあくまで、発注者に以前に契約した工事内容を証明してもらうための書類です。具体的なイメージとしては、契約書や、注文書・発注書の再発行に近いかもしれません。
 
請書はそれ自体では契約書等には該当しません
 請書は契約書等には該当しませんので注意が必要です。
 請書を契約書等として使う場合には、工事代金等を受け取ったことを証明する通帳の振込記録等を添付しなければなりません。
 

発注者証明書の書式

滋賀県の建設業許可申請で使用する発注者証明書の見本
 
 
  1. 工事名
    「〇〇ビル新築工事」のように具体的に記入します。
  2. 工事場所
    工事場所がわかるように、字(あざ)、番地まで記入します。
  3. 工事請負額
    正確な金額を税込か税抜のいずれかで記入します。
  4. 工期
    工事開始から工事完成までの具体的な期間を記入します。
  5. 工事請負人
    証明してもらいたい側(発注者ではない方)の名前を記入します。

証明者欄に、発注者の署名押印をもらえば、契約書等と同等の有効な証明とすることができます。
 
押印は実印であること
 証明者欄の押印は実印であることが必要です。発注者が法人の場合は法人印、個人の場合は個人の実印でなければなりません。
 
発注者証明書は原本が必要
 発注者証明書を、建設業許可申請の添付書類とする場合等には、必ず原本でなければなりません。
 契約書や、注文書・発注書は、写し(コピー)でもよいとされていますが、発注者証明書は原本であることに注意が必要です。

 

当事務所からのおしらせ

はじめての方へのページへリンクはじめての方へのページへリンク
 

 実際にご相談いただくことで解決できた事例もたくさんあります。まずはお気軽にお問い合わせください。

pxt00003287310903.jpg pxt00003811314602jpg.jpg pxt00003976614203.jpg pxt00004012376102.jpg pxt00001477846301.jpg pxt00001317514801.jpg pxt00002858568801.jpg pxt00003668423501.jpg pxt00004031548601.jpg pxt00003175512101.jpg

経審Q&Aへのリンク
建設業許可申請マニュアル
図面を見る建設業者の男女のイラスト

 
建設業法では、建設業の許可制度・建設工事の請負契約・施工技術の確保など建設業の幅広い定めが設けられています。
 
詳しくはこちら
小規模な建設現場の足場の風景

 
比較的小さな規模の建設工事(軽微な建設工事)については、建設業許可を受けなくても請け負うことができるとされています。
 
詳しくはこちら
遠くを見つめる建設業者の男女

 
建設業の許可は、営業所の所在地や建設業の業種ごとの規模等によって「大臣・知事」「一般・特定」に区分されています。
 
詳しくはこちら
重機がある建設現場の風景

 
建設業の許可を申請する際には、請け負う工事内容を確認し、必要な建設業の種類について判断するしなければなりません。
 
詳しくはこちら
建設現場でヘルメットをかぶって立つ建設業者

 
建設業の許可を受けるためには、4 つの「許可要件」を備えていることと、「欠格要件」に該当しないことが要件とされます。
 
詳しくはこちら
ヘルメットを片手に笑顔の建設現場の責任者

 
法人の場合は役員のうち一人が、個人の場合は本人か支配人のうち一人が、経営業務について一定の経験を有することが必要です。
 
詳しくはこちら
工事の図面をみる建設業の技術者

 
許可を受けようとする建設業に係る建設工事に関し、法で定めるいずれかの要件に該当する者がいることが必要です。
 
詳しくはこちら
書類を抱えてたたずむ建設会社の女性

 
請負契約に関して「不正」又は「不誠実」な行為をするおそれが明らかでないことを誠実性の要件と呼んでいます。
 
詳しくはこちら
電卓とカラフルな木の置物

 
建設工事を行おうとすれば、かなりの資金が必要となります。そのため、ある程度の資金を有することが要件となります。
 
詳しくはこちら
ガッツポーズをする4人の建設業者

 
一般建設業・特定建設業に共通して、許可を受けようとする者が建設業法で定める欠格要件に該当しないことが必要です。
 
詳しくはこちら